MacやWindows上のAVIファイルをiPadに転送する方法

iTunesを使わなくてもMacやWindowsからAVIファイルを素早くiPadに転送することができます!

Josh

ご存知の方も多いでしょうが、iTunesは拡張子が「.mov」、「.m4v」および「.mp4」で終わっているMPEG4ファイルとQuickTimeにしか対応しておらず、Quick Time Playerでしか再生することができません。 したがって、.avi形式の動画をiTunes(iTunes 12を含む)にインポートして同期しようとしてもエラーとなるので、AVIファイルはiPadもしくはiPhoneやiPodにアップロードできないものとお考えの方も多いでしょう。

現在では様々な場所から動画を手に入れることができますが、オンライン上で最もよく見かける動画形式がAVIファイルであることにお気づきの方も少なくないでしょう。AVIファイルは編集の容易さから幅広く使用されているのですが、iデバイスのユーザーはAVIファイルの容量が大きい場合には1-2時間もかけてフォーマットを変換しなくてはなりません。ここで紹介するWALTR (MacRumors によるレビュー) はAVIファイルを安全かつ迅速に変換することができるソフトです。WALTRは無償でダウンロードでき、AVIファイルをiPadで再生可能な動画形式に素早く変換し、追加することができます。以下の説明を読めば、これらの作業がどれほど簡単かご理解いただけるでしょう。iPadを使って更に色々な動画を見られるということを確認してください。

MacあるいはWindowsからiPadにAVIファイルを転送する手順は次の通りです:

1. WALTRをダウンロードしてインストールします。(アプリケーションフォルダーにドラッグします。)

Windowsの場合、ダウンロードした.exeファイルを通常のウィザードに従ってインストールします。

Image title

WALTRの主要機能:

  • MacやWindows内のAVIファイルをあっという間にMP4形式に変換。
  • AVI、MKV、MP4(およびその他多数のフォーマットのファイル)をiPad、iPhoneあるいはiPodに直接アップロード。
  • iTunesを起動せずに転送。
  • iPad、iPhoneおよびiPodで再生するために最適なフォーマットを自動選択して変換。

2. WALTRを起動してiPad、iPhoneあるいはiPod touchを接続します。


Image title

3. iPadに転送するAVIファイルをウィンドウにドラッグします。

Image title

4. 以上でおしまい!手順はこれで全てです。アップロードが完了すればiPadのネイティブの再生アプリを使ってAVIファイルを見ることができるようになります!

Image title

まとめ

高品質で使いやすいインターフェイスを持つソフトをご希望でしたら、是非WALTRを使ってください!iTunesの使い勝手に不満をお持ちの方でiTuesを使わずにAVIファイルをiPadに同期したいとお考えの方に特にお奨めです!

P.S.

しばしば見かけるように代替できる可能性のある案を活用するためのAVIリソースドキュメント内に入っている圧縮データの種類を特定できない場合、「変換しないと増え続けるファイルに縛られてしまいます!」どのような無償あるいは有償ソフトを使っても良いのですが、必ずH.264/AAC「条件」認証済みの圧縮とする必要があります。WALETRを使えば、お使いのiデバイスに最適なフォーマットを自動選択するので、ユーザーを悩ませることはありません。ファイルをドラッグするだけで良いのです。あとはiTunesを使わずにWALTRがファイルをアップロードしてデバイスのデフォルトアプリで再生できるようになります。

P.P.S.

次もあわせてお読みください: