MKV動画ファイルをiPadで再生する方法

ウエブからダウンロードするMKV形式の映画は画質が素晴らしいだけでなく、オーディオもサブタイトルも高品質です。オールインワンのフォーマットと言えますが、Appleがサポートしていないことを「公式に」認めているMKVファイルをiPadで見るにはどのようにすればよいでしょうか?

Josh
ポータブルデバイスでMKVファイルを再生できるサードパーティ製のアプリはAppストアでも数多くみられますがiPadにデフォルトでインストールされているアプリを使って再生できるものは見られないのではないでしょうか? – 繰り返します。「デフォルトのアプリで?」

これからiPadのデフォルトアプリでとても簡単にMKV動画を再生できる方法をご紹介します。

この紹介ページはMac OS Xマシンでご覧ください。なぜならこれから紹介する方法はMac OSだけでしか利用できないからです。Windowsをお使いの方も少し待ってください。WALTRはMacでもWindowsでもご利用頂けるようになったので、Windowsユーザーの方でも、Macユーザーと同様にこの素晴らしい方法を体験していただくことができます。 嘘だと思うなら、多くのアプリのレビューが掲載されている iMore reviewing WALTR for Mac (英語)をご覧ください。「WALTR for Macを使えばFlashビデオファイルなどのメディアファイルをiPhoneにドラッグ&ドロップ できます」と記載されています。


興味が湧いてきたでしょう - これからiPadでMKV動画を再生する方法について説明します:

こちらもあわせてお読みください: iPhone 6 PlusでMKVファイルを楽しむ方法

ステップ 1. WALTRをダウンロード してMacあるいはPCにインストールします。

WALTRは無料でダウンロードできますので、試してもいないうちからお金を払う必要はありません。dmgファイルをダウンロードしたら「アプリケーション」フォルダーにWaltr.appをインストールします。Windowsの場合は、インストールファイルを起動して通常のソフトと同様の手順でインストールします。

Image title

「WALTRって何?」と思っている方のために簡単にご説明します:

WALTRはiPadに直接インポートしたMKVファイルをデフォルトの再生アプリで再生することができるMac OS X向けのアプリケーションです。フォーマット変換に苦心したり、iTunesを使わなくてもファイルを同期できるWALTRはMKVファイル変換ソフトの決定版です。映画ファイルをドラッグしてドロップするだけ。本当にそれだけです!

WALTRは100種類以上のメディアで取り上げられました。掲載されたメディアの一部を こちらでご覧いただけます。

WALTRには次のような特長があります:

  • MKV、AVI、MP4ファイルをiPad、iPhoneやiPod touchにアップロードして再生。
  • ドラッグ&ドロップするだけでファイルをアップロード。(これ以上簡単な方法はありません!)
  • インポートされたファイルはデフォルトのビデオ再生アプリに自動追加。
  • iTunesを使わないで同期することが可能。面倒な操作はWALTRにおまかせ。
  • WALTRの名称はアメリカのTVドラマ「Breaking Bad」に登場するWaltr Whiteにちなんで名付けられました。

ステップ 2. MacやPCでWALTRを起動し、iPadとUSB接続。

iPadが認識されると様々なメディアファイルをドロップできるポップアップが起動します。WALTERはほぼ全種類のファイルフォーマットに対応しており、また複数種類のフォーマットを同時に処理することもできます。

Image title

ステップ 3. WALTRにMKV動画をドロップして一休み。

iPadにアップロードするMKV動画をWALTRにドロップします。複数のApple未対応ファイルをWALTRに同時した場合でもiPadにアップロード、デフォルトのアプリで高画質のままで再生することができます。凄いと思いませんか?

ファイルをドロップしたら、自動処理が開始されます。面倒な作業はWALTRにまかせておいてください。WALTRが必要に応じて最適な変換設定を自動的に選択してくれます。それと同時にiPadに同期します。iTunesは必要ありません。アップロードが終了したらメッセージで通知します。

Image title

…もうできてしまいました!

Image title

操作は簡単!ドラッグ&ドロップするだけ。それ以外は必要ありません。サードパーティ製ソフトも不要ですぐにMKVビデオをiPadで再生できるようになります。

まとめ

MKV形式は高画質動画のリッピングに幅広く使用されているフォーマットです。しかし、困ったことに限られたデバイスでしかサポートされていません。MKVフォーマットの互換性は高くありませんが、それでも総合動画ファイルとしては高い完成度を持っていると思われます。もし、解像度を720pに設定したBlu-rayを再生する場合はMP4として機能します。(ただし、別途変換作業が必要になります。)

WBD動画をApple対応フォーマットであるMP4形式に変換する場合にもWALTRを使うことができます。HandBreakで変換したファイルの再生に何度も失敗する場合に一度お試しください。

マトリョーショカとも呼ばれているMKVは2002年に登場して以来、他のフォーマットが現れたり消え去ったりする一方で長年にわたって使用されている動画フォーマットです。フレキシビリティーの高いフォーマットでもあり、今後も広く使用されると思われます。MKVはあらゆる動画、オーディオフォーマットに対応しており、元ファイルのビデオやオーディオフォーマットをトランスコードすることはありません。そして、これがマトリョーショカの特長なのです。

P.S. こちらもあわせてお読みください: